FC2ブログ

劇団肋骨蜜柑同好会「犬(もしくは)神」

2018年12月19日(水)~12月24日(月祝)

脚本・演出:フジタタイセイ

+あらすじ+
田瓶市の南端、旧山野辺村。
人口1000にも満たないこの集落に、近年越してきた者がある。
その者達は、引き取り手のなかった廃屋を買い取り改装して、小さな民宿をはじめた。
ご主人はよく気がつくし、奥さんは優しくて料理もうまいので、その民宿の評判は小さいなりに悪くない。
でもみんな気づいている。見ないふりをしている。
奇妙な御幣。閉じられた仏壇。廊下で遊ぶ爪の音。
彼らがどうして、ここに来たのか。
彼らがいったい、どこから来たのか。

 お慕い申し上げております。
 お慕い申し上げております。
 どうかお傍に置いてください。
 九つの地獄を越えて、この度十度目。
 何度でも、何度でもお目にかかりたい。
 あなたのお庭に小さな小屋を建てて、そこにわたしを置いてください。
 もしくは、あなたのお部屋の本棚の上のいちばん上等なところに、わたしの肖像を磔にして。
 どちらでもいい。どちらでも構いません。あなたの慰めになりたいのです。
 そうしてあなたが、名前と居場所をわたしにくださったなら、
 今度はわたしが、あなたに言葉をあげましょう。
 至上の言葉を。あなたがあなたであるための言葉を。
 神の言葉か、犬の言葉か、どちらでも、お好きなほうを。

繁栄と滅亡の狭間で揺れる"戊戌"の年の瀬。新生劇団肋骨蜜柑同好会が満身の力を込めて贈る、愛と不在の百物語。
ここに居るわたしから、ここには居ぬあなたへ。
いま、わたしはあなたの■になりたい。

+宣伝動画+


+出演+
藤本悠希(劇団肋骨蜜柑同好会)
室田渓人(劇団肋骨蜜柑同好会)
森かなみ(劇団肋骨蜜柑同好会)
アンディ本山
大田彩寧(しあわせ学級崩壊)
加藤なぎさ
菊地奈緒(elePHANTMoon)
窪寺奈々瀬
久保瑠衣香(W.FOXX)
小島望
坂井宏充(演劇ユニットハイブリッド)
澤原剛生(劇団普通)
高村颯志(家のカギ)
星澤美緒
目崎剛(たすいち)
依田玲奈

フジタタイセイ(劇団肋骨蜜柑同好会)

+会場+
テアトルBONBON
(東京都中野区中野3丁目22-8)
JR中央・総武線/東京メトロ東西線 中野南口より徒歩5分

+日程+
12月19日(水) 14:30~ / 19:00~
12月20日(木) 14:30~ / 19:00~
12月21日(金) 19:00~
12月22日(土) 14:30~ / 19:00~
12月23日(日) 14:30~ / 19:00~
12月24日(月祝) 14:30~
※ 受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前。
※ 上演時間は120分程度を予定。

+チケット+
前売 3,200円 (Passmarket限定)
予約 3,500円
当日 3,800円
学生 3,000円 (要学生証、予約のみ)
中高生 500円 (要学生証、予約のみ)
※ 当日精算時、クレジットカードもご利用いただけます。

<各種割引>
★犬と神<いぬとかみ> (※事前精算のみ)
男女問わず【お二人で5,555円】にてご覧いただけるお得なチケットです。
購入方法はPassMarketによる事前精算のみとなります。
受付にてPassMarketのチケット画面をご提示いただいた際、チケット半券と特製の【首輪】を1個進呈いたします。
どちらが犬で、どちらが神か、割り切れない関係のお二人に。
◆ 缶バッチキャッシュバック
劇団肋骨蜜柑同好会のロゴ入りオリジナル缶バッチを入場時受付にてご提示いただければ、その場で100円キャッシュバック。お一人様1ステージにつき1回のみご利用いただけます。

+ご予約+
こちらからどうぞ:https://rokkotsumikan.com/reserve/form?id=dogorgod&member=kubodera

+みどころ+
・愛と喪失と神様のお話です。難しくないです。閉鎖的な片田舎で起こるとある事件?のお話です。
・生きているときたないモノから目を逸らして過ごしてしまう…それは自分の中にあるものからも。そんなことを考えるお話です。
・私は田舎の明るい肝っ玉女性。方言しゃべります。


ついに4回目の出演となりました、肋骨蜜柑同好会さん。またもお世話になります、ありがたい。
今回もまた頭がぐるぐるする話、かもしれません。でも確実になにかが突き刺さるお話です。大切なものを失ったことの喪失感とか、それでも前を向いていこうとする力とか、押し込めて閉じ込めてきつく蓋をした感情とか。救いを求める先の神様は本当にいるんでしょうか。私たちはただ従順な犬なのかもしれません。

年末、聖キリストの誕生日前にこんなお話をやります。すごい。
お忙しい時期かと思いますが、万障御繰り合わせの上、ご来場いただければ幸いです。頑張るぞ。


無事公演終了いたしました!!!
ご来場の皆様、気にかけてくださった皆様本当に本当にありがとうございました!!!

共演者様がみんな最強でほんとすごい公演だったなという印象。でもまだまだ伸びていけた。ずっとずっとやっていたいお話でした。川原蓬ちゃんは本筋には外れるけど周りを補強する役割を任されていたなと思っています。本筋には関わらないひとなので、ある意味気楽にいられたんだけど、これがとても良い意味で作用したと自分では思っています。捕らわれすぎないひとだったから。でもドラマ性は与えられていてとてもとても大切な台詞をいただきました。「これからもずっと、生きていこうね。」私のこれからの指針になる気がする。生活することの大変さや大切さを分かっている人物が演じられたのは嬉しかったな。私がやることでの説得力があったらよかった。
あと壺!!2回倒れてしまいました申し訳なかったです…!!でもお客様が驚いてくださってよかった。もう自分の長台詞とかよりも緊張した瞬間でした (笑)言いたいこと、書きたいことはいくらでもでてくるけれど、いったんここいらで。
またまた田瓶市の住人になれたこと、本当にうれしく思います。
スポンサーサイト

さよならばいばいありがとじゃあね

カナッペノハコ
12/8 14:00@絵空箱

「今日のお姉ちゃんはお姫様みたいだよ。きれい」

続きを読む

guizillen「センチメンタル・ジャーニーズ」

2018/11/22 (木) ~ 2018/12/02 (日)

脚本・演出:佐藤辰海

★あらすじ☆

◯Aチーム(オリジン版)
オカマたちが偶然出会った少年は、幼い妹を抱えていました。
「母親から逃げてきた」という彼らをオカマたちは手厚く保護します。
子どもを産めないオカマたちは、子どもをもつ夢が叶い浮かれていましたが、
特殊執行部隊巡回査察員と名乗る物騒な連中に子どもたちを奪われてしまいます。
母親の元に連れ去られていく子どもたちを、自分たちの手に取り返す。
オカマに生まれた誇りをかけて。

◯Bチーム(アドバンス版)
オカマたちが偶然出会った女子高生は、お腹に子どもを宿していました。
「母親から逃げてきた」という彼女をオカマたちはしぶしぶ保護します。
母親との確執、恋人との離別、少女の境遇を知ったオカマたちは、次第に彼女と心を通わせていきます。
「お前の秘密を知っているぞ」
少女は巡回査察員に連れ去られてしまいます。秘密ってなに。
「助けに行く? ほっとく? どうせ他人事だものね。だけどね」
オカマたちは走り出します。
「産みたいって言ったあの子の想いは、きっとあたしたちの願いなんだわ」

★キャスト☆

◯Aチーム(オリジン版)
やないさき(白米少女)
石井田拓己
五十里直子
田中正紀
村田諒人
野表つばさ
梅田優作(重惑[omowaku])
川上憲心(劇団風情)
亀山浩貴(天使の左/亀山組)
榊原美鳳(ハダカハレンチ)
高橋麻琴(劇団ほんしめじ/株式会社グッドラックカンパニー)
田村友紀(架空畳)
羽田敬之(KAMAYAN)
林大輔(マーカスフィルム株式会社)
細野哲平(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
永井一信(くによし組)
年代果林(EgofiLter)
山並洋貴(サムゴーギャットモンテイプ)
八木澤翔(MacGuffins)
横山貴文(MacGuffins)

片腹年彦(guizillen)
黒澤風太(guizillen)
佐藤辰海(guizillen)
末安陸(guizillen)

◯Bチーム(アドバンス版)
八島さらら(amuleto)
亀井陵市
木内海美
窪寺奈々瀬
佐藤大地
山海まなり
末永全
竹ヶ鼻彩菜
長谷川弘
鳩岡大輔
菱田健介
野澤文音
三澤久美
宮塚笑顔
横山大河
安部光希(ギャレエンタテインメント)
久間健裕(ネジマキトカゲ/MOONCALF)
須藤飛鳥(AM4:27-SELFISH)
土井直樹(TEAM空想笑年)
林弦太(birdh93)
三浦仁(怪奇月蝕キヲテラエ)

門田友希(guizillen)
笹井雄吾(guizillen)
渡辺敏康(guizillen)

〇特別ゲスト
吉成豊
どん×みく
青海アキ(レティクル東京座)

★会場☆
サンモールスタジオ
(東京都新宿区新宿1-19-10 サンモール第3M-B1)
東京メトロ丸の内線「新宿御苑前」駅徒歩3分

★日程(各チーム10回公演/全20回)☆
22日(木) 19:00〜(A)
23日(金)14:00〜(B)/19:00〜(A)
24日(土) 14:00〜(A)/19:00〜(B)
25日(日) 14:00〜(A)/19:00〜(B)
26日(月) 14:00〜(A)/19:00〜(A)
27日(火) 14:00〜(A)/19:00〜(B)
28日(水) 14:00〜(B)/19:00〜(B) ※吉成豊ゲスト回
29日(木) 14:00〜(A)/19:00〜(A) ※青海アキゲスト回
30日(金) 14:00〜(B)/19:00〜(B) ※どん×みくゲスト回
12月1日(土) 14:00〜(B)/19:00〜(A)
2日(日) 15:00〜(B)

※各回受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前
※上演時間:約2時間予定

★料金☆
【先行予約(~10/31/23:59)】
◯先行予約チケット:2800円
◯先行予約限定うどん付きチケット:3300円
黒澤製麺所謹製黒うどん(片腹年彦描き下ろし限定ラベル)が付いてきます。
※黒うどんはご来場当日、チケットの半券と一緒にお渡しします。乾麺ですので、賞味期限はご安心ください。

【一般予約・当日券(11/1~)】
◯うどんなしチケット:3300円

★ご予約☆
こちらからどうぞ:https://www.quartet-online.net/ticket/guizillen-10llen?m=0jeeaef
※窪寺はBチーム(アドバンス版)出演!!!

★みどころ☆
・男性キャストはほぼオカマ役!メイクや衣装もダンスもド派手にいきます。
・劇団処女作の再演。ダブルキャストと見せかけて「完全新作二本立て」公演!テーマは同じでまったく別の話です。ぜひともAB両方観ていただきたい!
・そんなオカマに囲まれるなか私は女性らしいヒロインのお母さん。シリアス担当?です(笑)

ご縁あって出演させていただきます!!!
去年チェーホフ原作なのにとんでもないくだらなさを擁した最高にエンターテイメントな公演を拝見していて、すごく気になっていた劇団さん。自分の芸風?には合わないだろうなあと思っていたので、お声がけいただいたときは本当にびっくりして、私でいいんですか?誰かと間違ってませんか?って返信した(馬鹿)友人知人の皆様も同じだったようで、いろんな方に「ななせさんギジレン出んの!?」って言っていただけた(笑)本当に出るんだなあと思ったのは、顔合わせのとき辰海さんから間違いなくあなたを選びましたよ的なことを言っていただけたときかなあ。遅い。でもそれ聞いて本当に嬉しかったしある意味自信になった。頑張るぞ。稽古がいまから楽しみです。
エンターテイメントはとてもとても大好きだし、その上である意味下世話でくだらない笑いに振っている作風に出演させていただくのは確かに初めてなので新しい挑戦だなと思います。新しいことをさせていただけるのはとてもとても嬉しいし自分にとってこれ以上ない刺激だしこの年齢でも挑戦させていただけるのは本当に光栄ことだ。

芸術の秋に「芸術とかどーでもいいしとにかく、あーおもしろかった!」と言わせてみせる舞台になります。
良かったらABどちらのチームも観に来てね。うどん食べてね。ぜひぜひ観にいらしてください。

終演しました!!ありがとうございました!!
Bチームのヒロイン・タケルの母親(葉子)役をやらせていただきました。
本当に良い役をいただいたなあと思います。幸せでした。お話もハッピーエンドで多幸感溢れるお話に出させてもらったのはとてもよかった。すごく楽しい現場だったしお話も評判よくてロングランにも関わらず連日満員御礼でとにかくありがたい日々でした。
昇り調子の劇団に出させていただき本当に嬉しかったですし、普段出演するような会話劇メインのお話とは違ってエンタメ色のお話や作風演出、そして役者さんたちに知り合えたのは自分としてもありがたく大変よい経験でした。このご縁をつないでいければいいなあと思っています。
いろいろと力不足も感じましたし、やれることはまだまだあったようにも思えますが毎度全力であったのは間違いなく、大変楽しい思い出しかありません。観てくださったかた、応援してくださった方に限りない感謝を!!

人造カノジョ~あるいは近未来のフランケンシュタイン~

劇団鋼鉄村松
12/1 18:30@萬劇場

「私の全部を知った上で愛してほしいから」

続きを読む

月待ち町のストリッパー

Ann.Brigitte
11/10 14:00@絵空箱

「名前を、私に名前をありがとうございます」

続きを読む

コーヒーが冷めないうちに

1110プロヂュース
11/2 14:00@萬劇場

「しっかり見てこい」

続きを読む

背に描いたシアワセ

やみ・あがりシアター
10/29 14:00@APOCシアター

「まだ復讐してないんだから」

続きを読む

桜の園=Everyone is a child

都市雄classicS
10/28 13:00@眼科画廊地下

「ああどうしたことだ、皆さん、桜の園が私のものだなんて!言いたいなら言うがいい、わたしが酔っているとでも気が変だとでも夢を見てるんだとでも」

続きを読む

sidetitleプロフィールsidetitle

蒼井紅音

  • Author:蒼井紅音
  • 観劇感想がメイン
    小劇場界隈では細々と本名で役者やってます。
    Twitter:@nns_perla630
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle