FC2ブログ

16回目の。

弟よ誕生日おめでとうー。
16歳かー。……若いなぁ…(爆)
多感な時期真っ只中ですね。色々思うこともあると思うけど、精一杯悩むがいいよ。
そして今しかないアオイハルをたっぷり謳歌していただきたい。
おねぇちゃんはそんな君を応援しているよー(その割に投げやり気味だぞ)

…プレゼントはもうちょっと待っててネ!(爆)


そんな今日はなんだか色々あったー…ような(謎)

まずは早朝。
16歳になったばかりの弟とともにサッカー欧州チャンピオンズリーグ決勝を観戦。
はっきりいって寝てない私は後半辺りから微妙に頭回ってませんでしたが(コラ)でもさすがにすごい試合で朝っぱらから興奮!!
その後就寝。
当然ながら、学校遅刻。(自業自得)
しかし、サボるわけにいかなかったので昼過ぎからガッコいきました。
学校到着。
4限。ゼミ。発表。(汗)
友達と一緒だったので、なんとか担当場所は無事終了。
どうでもいいですが、発表後の『質問ありますか?』ってときのあの沈黙がどうも苦手です。どうしていいか戸惑うねーアレ(知らないよ)
5限。課題提出。
なかなか面白い授業で割と好きなのですが、4限がゼミでほぼ確実に毎回10分は伸びるので、毎回遅刻気味…。出席はそこまで厳しくないのでそれは大丈夫なのですが、特殊教室(?)なので、椅子の数が足りなくて、毎回隣の教室からパイプ椅子を拝借する羽目に(苦笑)
その後、微妙に時間を潰し、7時。
ヨーロッパ研修旅行メンバーでの飲み会。
わーわーわー!!楽しみにしてました!!そして楽しかったです!!(笑)
添乗員さんも参加できて、全部で25人だったかな?大勢ってかほぼ全員が参加してて本当に嬉しかった。
同じガッコのはずなのに、皆あんまり見かけなかったので久しぶり!ッて感じで、最初ッからテンション高かったです(笑)
しかも、私のついたテーブルの面々が、もうテンション高い高い(笑)なんかもう大騒ぎでした。皆お酒入ってるし、言葉の応酬が好きな人たちが多かったようで。料理の減りも、多分ウチのテーブルが一番激しかったと思う(苦笑)私も当然はしゃぎまくってました(爆)あんまり寝てないせいもあったのか、酔いが回るのも早かったし…顔も赤くなっちゃってたっぽいし(恥)でも、お酒はカクテル一杯しか飲んでないよ!(言い訳にならん)絶対空気に酔ったんだと思います(なんだその断言)本当笑いまくりで楽しかったです。でも隣が先生や添乗員さんたちがいて比較的まったりゆったりだったもんで、余計に騒がしかったことと思われ…すいません(汗)あーでもああいう空気大好き!です。お祭り好きなもんで。
みんなの近況とかも聞けたし、旅行の写真はいろんな人の見れて本当良かったです。私も持っていきたかったんだけど、ゼミの教科書その他とかで結構荷物あったので諦めちゃってました。でもやっぱり持っていったらよかったなぁ。みんな良い写真多くてすごい感動しました。自由行動のとき、どこに行ったのかとかもわかって面白かったし。先生が撮ってくれた集合写真ももらえて嬉しかった!
旅行中も思ってたことだけど、本当に付き合ってて気持ちいい人達だなぁと感じました。全員、いいひと。気安くて分け隔てない感じ。女の子可愛い子ばっかだしね!(どこ見とる) テーブルが遠かった人たちとはあんまり話せなかったのが残念ですが、とにかく楽しいひと時が過ごせました。幹事のK嬢、本当にお疲れ様でした!!また、機会があったら集まれたら、いいなぁ。

それから、家に着いてからは当然ばたんきゅーでした。おしまい。(爆)
スポンサーサイト

どろぼうの神さま

Herr Der Diebe / Cornelia Funke  コルネーリア フンケ  細井直子 訳

「ときどき、大人だったらいいのに、って思うことないか?」運河にぼんやりかげをうつす橋をわたりながら、プロスパーは聞いた。
リッチオはきょとんとして首をふった。「ないよ、どうしてさ?小さいってのは、なかなか便利なもんだぜ。目立たないし、おなかもすぐいっぱいになるし。スキピオがいつもなんていうか知ってるか?」
リッチオは橋げたからぴょんととびおりた。
「子どもはイモ虫、大人はチョウチョ。それで、チョウチョはイモ虫だったときの気もちを、わすれちまうんだ」
「そうかもしれないな」プロスパーはつぶやいた。



大人になるとはどういうことか、子どもでいるとはどういうことか。
誰もが悩む、その誰にも分からない答えを探す子ども達のお話。・・・なのかな?(爆)
大人になりたいと願うスキピオやプロスパーの思いは、周りにいる大人への反発からであって、自分がああなりたい、というのではない。それはやっぱり子どものとき誰もが思うことなのかもしれないけれど、大人になれば誰からの束縛も受けずにすむ、という少し間違った認識はいずれ正されて、そうする間に子どもは大人になっていくものだと思う。そのプロセスがないまま『大人』になってしまったスキピオは、やはりこれから苦労していくんじゃないかなと思ってしまった。私なんかはスキピオの選択は、やっぱり、本当にいいの?と思わずにいられないもので、早まるなよ!と声をかけたくなったりしたけれど、『大人』になった彼はとてもすっきりきっぱりとしていて、スキピオにとってはあれでよかったのだろうな、とも思います。後悔していないのだったら本当に何よりだと。大人になりたい、という気持ちはそれが反発であっても、やはり憧れの気持ちが強くて、大人になったらあれもできる、これもできる、自由でいられる、というような思いがあるんだろうなと思うから、いざ『大人』になってみて、そう都合のいいことばかりでもないことに気付いて、スキピオはがっかりしただろうと思うと切ないですが。でも、彼にとっての自由は家を出ること、が第一だったから、それはかなえられたからよかったのかも。
どろぼうの神さまであったときのスキピオは、それだけが自分を支えるものであったのかもしれない。見つからないかどきどきしながら家のモノを盗んで、嘘がバレないかどきどきしながら星のかくれ家に向かって。心が痛むことも多かったと思うけれどそれでもやめられなかったのは、やっぱり『どろぼうの神さまである自分』に誇りをもっていて、それが自分を支えてくれていたからなのだろうなぁ。みんなに嘘がばれた瞬間のスキピオは本当に小さく感じられた。この話は、プロスパーが主人公と見せかけて(?)、やっぱりスキピオの話だなぁと思った。
最初、メリーゴーランドの事が出てきたときは、てっきり、『精神的に』大人になったり子どもになったりするんだと思っていたので、本当に体が大きくなったり小さくなったりするのかよ!とびっくりしました(笑)しかも精神的には、というか中身はそのままで体だけが変化するのはやはり面白くて夢があると思った。記憶とか知識とかはこのままであの頃に戻れたら、とか思う私にはすごく都合のいい乗り物です(爆)
ヴィクトールやイダとエスターおばさんやスキピオのお父さんの描かれ方が本当に対称的。子どもに理解があるのとないの。お互いどちらもいきすぎなんじゃないかと思うけど(特にエスターおばさん)、でもこういう人って実際にいるんだよなと思わせる人達。マッシモ氏も、スキピオがいなくなった時に真剣に探してるところで愛情を感じられたし、子どもが嫌いなのではなくて苦手なだけなんだろうなと思わせる人だと思う。スキピオとも、よく話し合えばお互いもっと分かり合えただろうに、と思うとちょっと惜しい。ヴィクトールは印象がどんどんかっこよくなっていきました(笑)最初はただのおっさんだと思ってたのに、読みすすむにつれて徐々に理解あるダンディーな男性に・・・(笑)こんなにイメージ変わるのって珍しい。書き方がうまいんだろうなー。
他の子どもたちも皆魅力的でした。リッチオが好きです(はいはい)ヴェスペも本当にいい子だし、モスカもお兄さんぽいとこがかっこいい。ボーは正直むかつくとこもあったけど(苦笑)、そのどこまでもまっすぐな素直さはそれこそ子どもにしか持ち得ないもので、羨ましくもありました。わがままだし手におえないところもあるけど、子どもだってちゃんと考えてるんだっていう主張も強くて、偉いと思う。
それにしてもバルバロッサ・・・。調子にのりすぎなんだよ!ヴィクトールもおもわず叫ぶ(心の中で)。(笑)てかおまえがオチかよ!?とちょっと驚いた。やられたー(笑)
図書館で借りた時は、結構長いしちゃんと読み終わるか不安だったんですが、評判通り面白くて続きが気になる展開なので、どんどん読み進む事が出来ました。章も10ページくらいずつで短く分かれてるからすごく読みやすかったし。
舞台もヴェネツィアということで、行ってきたばかりだったので、リアルト橋の賑わいとかサン・マルコ広場の鳩の多さとかちゃんと想像できて読めたのでとても楽しかったです。あーまた行きたいヴェネツィアー(爆)

答えられても困る100の質問

サボりすぎですみません(平伏)

結局4月に一回も記事を書かなかったのでさすがにこれはまずいと思い、とりあえず無難に質問でもやってみようかと!(何故)ゴールデンウィークだしね!(関係ないよ)

そんなわけで、『答えられても困る100の質問』
こちらからお借りしました。やはり結構有名処みたいですね。
「火取蛾」http://takemaru.versus.jp/
センス溢れる素敵サイト様。
質問も面白いので是非皆さんやってみてくださいなー。

4月も、なんにもしてなかったわけではないので(それなりに何かやってたんだよ!)、あとからになっちゃうけど日記やら感想やらちょろちょろとつけていきたいものです。

とりあえず、黄金週間中の目標
其の一:『演技者。』DVDをとっとと全部見て感想まとめる(まだ見てないのかって感じ)
其の二:借りてる漫画&小説をとっとと読んでお返しする(漫画→18冊、小説→15冊。溜めすぎです
其の三:色々片付ける。

どれか一個でもできれば御の字(ちゃんとやれ)

それでは、暇で暇でしかたないときなど、よろしければお時間潰しに以下どうぞ。

続きを読む

sidetitleプロフィールsidetitle

蒼井紅音

  • Author:蒼井紅音
  • 観劇感想がメイン
    小劇場界隈では細々と本名で役者やってます。
    Twitter:@nns_perla630
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle