FC2ブログ
Welcome to my blog

ツヤマジケン

日本のラジオ
7/5 19:00 @王子小劇場

「ユキちゃんやさしいからなあ」

佐藤佐吉演劇祭2本目。
主宰さんが文学好きで殺人鬼好きと聞いて、わー絶対太宰好きだろーなーと思ったのは内緒(ただの偏見)。前から観たかった団体さんですがようやく観劇。

百合というか女子高特有の疑似恋愛を盛り込んでて楽しかった。憧れとか嫉妬とか優越感とか恋に恋して現実感のない感じとか女の子のかわいいとこも気持ち悪いとこもでてたと思います。最後は観てる側に解釈任せる感じなのかなと思った。銃声は10個。その前にユキちゃんは死んでいるから生徒全員やられてしまった、のかな。先生はどうなったんだ。都井ムツオはなぜ彼女らをころしたのか。城戸さんが犠牲になったのはきまぐれなのか。とかいろいろ。ユキちゃんとキコ先輩に関しては、死んでからも一緒にいられて幸せそうだったのが印象的。本当に素舞台!っていう素舞台で、音響も照明すらもなく、女優さんもほぼすっぴんというエコ芝居(笑)で徹底してて面白かった。王子小劇場は本当にいろんな使い方されるなぁ。よいですね。

一番好きだったのはユキちゃん。三澤さきさん髪長っ!(笑)能天気なばかっぽいけど実はちゃんと思春期なりに考えているのが魅力的でした。西山愛さんのキコ先輩は馬鹿すぎて若干いらっとしましたがいるよねこういう子ってなった。背乃じゅんさんの副部長らしい説得力とか、坂本鈴さんの気持ち悪いくらいの依存感とか、るんげさんのギャルっぽさとか、みんなリアルでした。あと福満瑠美さんの部長さんのかわいさが半端ない。レベッカさんは笑顔の裏に本性を隠す役が多いのかな。やはり笑顔がかわいい分怖かったり魅力的だったりして素敵役者さんだなと思いました。都井役の横手慎太郎さんはほぼ出ずっぱりでお疲れ様でした。つってもほぼ座ってたけど。ぼそぼそとしゃべる、思わず耳をそばだてる話し方が演出もあいまって怖くも面白かったです。

(2014/7/17記載)
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply