FC2ブログ
Welcome to my blog

PLUTO

プルートウ 001,002  浦沢直樹×手塚治虫

「そんなところで歌ってないで 早く帰っといで…」

おそらく、今の漫画会で一番の話題作、なのではないでしょうか。賞もとりましたし。てかちょっと遅いかな?…でも、やっぱり私が思うに今一番の話題作。ずっと読みたかったのですが、最近ようやく読むことができました。
あの手塚治虫のあの『鉄腕アトム』を、あの浦沢直樹がリメイク、という、本当に話題性のある作品。とはいえ、その話題性には当然期待と不安がつき物。けれどもそれを浦沢氏は見事な形で返してくれていると思います。そんなこと今更私が言うまでもないので、あまり触れませんが、とにかく素晴らしい作品だと、やはり。
私の印象としては、『アトム』の世界観(とキャラクター設定)だけ借りた浦沢氏の新しい作品のように思いました。『アトム』の話を読んでいる気はまったくしない。ありがちなパロディ(二次創作)とは全く違う、確固としたオリジナリティが存在する。のに、世界は『アトム』の世界。なんだか不思議な気分。ゲジヒトを主役としたところが、やはり大きな違いとしてあって、そのために違う話のように思えるんだけど、でももしこれがちゃんとアトムが主人公だったとしても、オリジナルのアトムとは全く違う印象を受けただろうなと思います。話がすごくしっかりしている。もう流石としかいいようがないですね。
好きな話は、ノース2号の、あの辺りの話です。泣ける…!(爆)…でも、このノース2号の話というのは、大まかな流れとしては何も目新しいことはないんですよね。偏屈なロボット嫌いの年寄り作曲家がいて、そこにお手伝いロボットが現れ、始めは邪険にしていたけれど、段々心を通わせていく。作曲が行き詰まっていたのがラストには解決されるという流れも、こう言ってはなんだけれど、やり古された王道中の王道というべき展開。でも、そういった先の読める展開の話のはずなのに感動してしまうのは、やはり浦沢氏の力量なのだろうなと思います。決して派手でなく、淡々と、しかし確実に話を語るからだろうと思う。そして、このノース2号の話は、漫画の神様であり、言うなれば王道を作った本人である手塚治虫先生へのオマージュでもあるのかもしれない、なんて馬鹿なことも考えてみました。いや、それをいうならばこの作品そのものがオマージュであるとも思うのですが。そして同時に挑戦でもあるのだと思う。
1巻の巻末に、手塚眞氏が言葉を寄せていて、その中で彼は、「浦沢さんのアトムが見たかった」というようなことを書かれていましたね。最初に持ち込まれたアトムはやはり手塚版アトムに似ていて(それはそれで見たいような気もしますが)(笑)、そうではなくて、浦沢氏の考えるアトムを見たい、と。そうして出来上がってきたのがこの作品というわけで。このアトムは、一見すると本当にただの少年で、ぱっとイメージする手塚版アトムとは全く異なります。最初の登場シーンは違和感を覚えた人もいると思う。けれど読み進むにつれ、この知的で優しそうな少年はアトムに違いない、と思わせられる。この感じは本当に素晴らしいと思う。『アトム』というキャラクターは大げさでなく老人から子供まで皆が知っている存在で、それだけに『アトムはこうだ』という先入観や固定観念が強い存在だと思うのに、それを、オリジナルとは全く違う存在なのに『同じである』と思わせるその不思議な一体感。すごいことですよこれは。…あぁなんかもう日本語になってなくてすみません(汗)上手い言葉が出てこない…悔しい。
けれど、アトムはやはり、誰の色に染まっても『アトムである』という共通理解が強い存在なんだなというのを改めて感じました。学校のアニメーションの授業で、『100人のアトム展 わたしのアトム』(だったかな?)の作品をちらりと紹介していたのですが、それぞれのアーティスト(漫画家に限らず)が示す『わたしのアトム』は本当に千差万別で、そのアーティストの個性が全面に出ている作品が多いように思いました(吉田戦車氏のアトム最高だよ…!)それでも、そこにあつめられた作品はすべて間違いなくアトムであって。『アトム』というのは、オリジナルに近づけるよりも、そういった自分の個性を思いっきり出してしまいたくなるようなキャラクターなのかもしれません。私がアトムを書いたとしたら、私だけのアトムになるんでしょう、多分。そんなこと恐れ多くてやってみようとも思えませんが。

……いつも以上に日本語がおかしくて何が言いたいのかさっぱりだな…(汗)そのうちこっそり直すと思います。訳わからなすぎて恥ずかしさの余り消してしまう気もします(オイ)こんな駄文に付き合ってくださった方はありがとうございます本当に。とりあえず、私が今、この作品に対して言いたいのは続きが気になる!!ということだけです(爆)ウランちゃーん!!
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply