FC2ブログ
Welcome to my blog

女子校育ち呪縛篇

有末剛 緊縛夜話
11/29 18:00@ザムザ阿佐谷

「うんでもまあ、28歳でバージンってのはほら新車のビンテージカーみたいな感じでいいんじゃない?」

脚本・演出:美貴ヲ(プリンレディ)。緊縛師・有末剛氏による緊縛ショーと演劇のコラボ。すごいきれいだったし面白かった。

観る前はもっとショーがメインな感じなのかと想像していたらわりとがっつり演劇でした。合間に入ってくる緊縛はエロさよりもきれいだったです。吊られるところ特に目を見張りますね。縛るのもスムーズなんですが特にほどく時がするすると手早くほどけるところが特にすごかった。話もすごいよかったです。中高6年間がっつりプロテスタント系女子校育ちの私としては身につまされるところが多すぎて(笑)女子校特有の空気ってやっぱりあって、女の子同士いちゃいちゃしたりとかするの私も大好きだし、安心するしほんと楽園なんだなと思った。こじらせ女子の私が言えることでもないけど、私の周りにもまだバージンの(と思われる)友達はいるしそれ自体が悪いことではないけど甘んじてる雰囲気を感じてしまうとそこに留まってないで出ておいでよと言いたいときはある、なかなか言えないけど。卒業するって難しい。でも劇中でも言われてた通り、共学や男子校にもそれぞれの空気がきっとあって生き辛さがあるのだから、女子校出身であることに甘えるのは違うなと思った。面倒な部分も受け入れて腐らずに生きていかねば。ともすればすごい暗い話になるのをうまく笑いに転化して、アブノーマルな緊縛という世界を気楽に見やすいお話に仕上げられていて、美貴ヲさんの脚本力に脱帽。そして女子がみんな美人できれい。セーラー服かわいかったよー。

田中渚さんの美人度は際立っていた。八木麻衣子ちゃんのイタいこじらせ感めっちゃかわいい。嶋谷佳恵さんのエピソードは宛書かと思った。魔女笑い最高だった(笑)海底二万海里くんはいやな男であったな(褒め言葉)さすがの色っぽさだった。

(2015/12/1記載)
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply