FC2ブログ
Welcome to my blog

プラネタリウム

BUMP OF CHICKEN 10thSINGLE [MAXI]

曲目リスト
・プラネタリウム
・銀河鉄道

・いか(シークレットトラック)


「プラネタリウム」
 天井も壁も無くなって 代わりに宇宙を敷き詰めて
 窓は一度も 開けないままで 全てを手に入れた


BUMPの今の真骨頂。だと勝手に思っています。
なんだろうこの安心感は。そして同時に湧き上がる喪失感とどうしようもない切なさ。
じわじわくる。最初聞いた時は正直聞き流していたところも多かったのですが、一回聞いただけじゃ気付かなかった魅力にどんどん引き込まれる。ファンサイトで『スルメのような曲』ってのを見かけましたがまさにそんな感じだと(笑)
実在しない、自分だけの星。それは夢であったり目標であったり、好きな人でもあるのかも。それを、驚くほど容易く、簡単に手に入れてしまった。最初は満足していたのだけれど、直後に後悔がおそってくる。この『光』は本当に自分の追い求めていたものではないのだと、かえってしっかりと気付いてしまったから。
星、とは本来決して手の届かないもの。遠く遠くで光り輝いている存在。それを手に入れたくてもどうしたってかなわないから、ただ出来る事は手を伸ばすだけ。そして、『本物ではない星』を見せるプラネタリウム。そしてその中にある、『実在しない星』の対比が面白くて本当に素晴らしいと思う。実在しない星…つまり夢や希望や目標や。それらはしっかりと形としては表れていないけれど、自分の中には確実にあるもの。
この<僕>は、後悔はしても諦めはしなかった。自分の中にある『星』のような『光』をきちんと見つけた。そして、窓を開けて現実の中でそれを見つけようと思った。狭い狭い、四畳半の自分だけの世界。そこに閉じこもらずに広い『宇宙』へと飛び出していこうと決めた。偉いなぁ、強いなぁと思わずにはいれないです。泣きそう。
自分にしか知らない、見えない光。見つけることは難しくて時には辛い事だけど、諦めずに探していけば、きっと大丈夫。そういうメッセージを受けとった気がします。BUMPらしい、メッセージ性の強い曲。…いやもうただただ藤原氏の歌詞に尊敬するのみ。すげぇや。
そして、PV。運良く七夕の日に見ることが出来たのですが、もう綺麗と可愛いと優しいで。素敵すぎる…!ベタ惚れ。自分的BEST3には確実に入ります。


「銀河鉄道」
 誰もがそれぞれの切符を買ってきたのだろう
 今までの物語を 鞄に詰めてきたのだろう


6分を越える大作。でも淡々と続くストーリー性のおかげか全然長く感じない。飽きない…ってかどっぷりとこの世界にはまり込みます。
つかこの曲すっごい好きです。なんだろう、すごく共感できるのかも。
終わりと始まりを結ぶ電車。この電車は不思議な電車で、時速200kmを越えるスピードで走るくせに窓枠は古く、ガタガタと悲鳴を上げている。また、<銀河鉄道>の題名から私はどうしても宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を思い出してしまうのですが、その話のテーマとなっている生と死の話と考えてみると、この電車は再生を象徴しているようで面白いです(考えすぎだろう)
今まで生きていた街で紡いできた物語はあまり良い思い出はないのでしょう。だからこそ今度から生きていく街で紡いでいく物語に想いを馳せる。最初はどうせどこに行っても同じだと諦めかけていたのが、電車が進むにつれ頑張ろうと思っていく。その小さな決意がきちんと伝わってくるのがすごいなぁと思います。
女の子のエピソードがとても好き。<僕>はきっと前の街であまり人に恵まれていない環境の中過ごしてきていたのでしょう。だから人と関わることに臆病になっている。クマのぬいぐるみを拾うのだけにも少し躊躇ってしまう。それでも、きっと人と関わりたい気持ちは捨てきれない人なのでしょう、拾ってあげるのだけど、女の子は怖気付く。あぁやっぱり、と諦めてシートを倒せば後ろの人の舌打ちまで聞こえる。<役には立たないし 邪魔はしちゃうし。>眠ろうと思ってもそんなことばかり考えてしまって眠れない。そして目を開けるとさっきの女の子がキャンディを差し出している。お礼のつもりなのだろう。まったくの不意打ちで驚いたけど、受け取ってみる。女の子は席に戻る。笑っていた。…あぁ、なんだ。ちょっとは役に立ったんじゃないか?そう思ってもいいんじゃないか?そうしたら何故だか涙が出てきた。こっそり、泣いた。……そんな感じで!!(長ッ!!)切ないのと可愛いのとでもう大変です(爆)
そして。自転車のくだり。ここは、BUMPファンであればきっとにやりとほくそえむはず(笑)少なくとも私は「車輪の唄」を思い出してしまいます。「車輪の唄」の主人公二人を、ちょっと離れたところから見ている。そして、この二人をちょっとうらやましく思っている。自分にもそういう人がいればいいのに、と思ってしまう。それはやはり、この<僕>は人との繋がりを持っていたい、と心の中で願っているひとなんだろうなと思います。
自分は止まったままなのに進んでいることと、一見変わっていないようだけど確実に成長していること。この二つを結びつけるなんて本当に恐れ入ります藤原さん。そういうメトニミー(?)がたまらなく好きです。ファンサイトで、電車で時速200kmというのは速過ぎる、これはきっと時間の流れの速さを表現しているんだ、という意見を見たのですが、あぁなるほどなぁと。その意見には賛否両論でしたが、私はそういう考えもありだと思いました。藤原さんだったらありえる、というかそういう考えも少しはあっただろうと思えるし。
出迎える人もいないであろう次の街。これから生きていく街。今までの物語を詰めた鞄を持って降り立つ街。そこではどんな物語を紡いでいくのか。どんな荷物が増えて、どんな荷物の置き場所である居場所を作るのか。全然分からないから不安にもなる。だけど、ちゃんと希望もある。大丈夫。<僕>を待っている人はきっと、いる。
<僕>を出迎えてくれる人がいてくれたらいいな、と曲のあとを想像してみてみたりしました。どうなるかは、彼しか分からないことだけど。

いか
 いかいか いかいか いかいか いかいか

あぁもうおばかすぎて大好き…!!(爆)



一ヶ月前に発売になったはずのこの曲の感想を今更、しかもこの日に更新する私を許して下さい…(爆)てか察してください(何を)

あー。なんで私は合宿なんか行ってるんだろう(ゼミなんだから仕方ないだろう)あー。あー。もう。(うざい)
ていうか、昨日の私は色々とおかしかったのだと思います。勢いに乗っていろいろやりすぎた…おおお恐れ多い…!(汗)相手してくださった方ありがとうございましたそしてこれからお世話になる方々迷惑かけますホントすみません(オイ)……なんとか楽しみつつ乗り切ってみようと思います。


更に追記ー。
合宿行ってきましたー。
だからさーもうさーなんでそういうメンバーばっかり集まるの。(謎)
楽しかったですけどね。色々ね。でもカミングアウトしすぎたなと思います。
え?卒論?…何の話?(爆)
スポンサーサイト



Comments 2

蒼井  
サンクス!

ひかりちゃん(笑)、コメントありがとう!
リンクも貼ってくれてありがと~!早速見てみます。
また自転車話させて下さいね。もりもりと。がっつりと(オイ)

2005/08/26 (Fri) 23:26 | EDIT | REPLY |   
川辺ひかり  

この名前でわかりますか…?(不安)←ツールが好きな人ですよー
この間はどうもでした★

私もこのCD聴いたけど、おまけの曲の勢いにびっくりさせられたよ。。。
あ、ザブリスキーの日記にリンク貼っておくのでよかったら見てみてね。変な人だということがよくわかります(笑)

2005/08/25 (Thu) 23:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply