FC2ブログ
Welcome to my blog

銀髪

アマヤドリ
1/27 19:30@本多劇場

「平等な不自由はあっても平等な自由なんてものはない」

休憩込で2時間50分。濃厚な世界観でした。

アマヤドリというかひょっとこ乱舞の作品は4回目?と思いますが、今回はひょっとこさんの初期の作品の再演ということ。初見でしたが設定とかあんまり変えてなさそうなのかなと思った。面白かった。なんかいままで観たなかで一番設定がエグかったと思います。パニックが仕事になるという発想がやはり面白く、えぐい。犯罪すれすれの潜在欲求を合法的に引出す場があったら確かに需要はありそう。集団飛び込みとか全員クスリやってんのかって感じだけどそういう題材は他でも見たことあるし、それはつまりみんな考えることってことだ。あとラストの孕ませ合いの戦争という言葉の強さにうわあってなった。すごい。でもキャラクターはみんな弱さがあっていまを生きようとする若者たちで、これから何かが始まる高揚感で群舞があって終幕、という流れはとてもすきだったな。あれ終わり?って思った。時間長かったのにそう思うのすごいと思うの。ここからじゃんって思ったっていうか、この後を想像させるというか。群舞は本当もみなさんの体の軽さがきれいだった。これ初演は元帥成河さんだったんでしょ…訴求力、求心力が半端なかっただろうな。

倉田大輔さんやはり素敵だった。けど私は好みとしては中心でないほうが好きかもと思った。やわらかい印象があったので魅力の見せ方としてという話で。でもだからこそ弱音を見せるお姉さんのの会話のシーンめっちゃ好きでした。相葉るかさん相葉りこさん実際に双子なのかな、めちゃかわいかった。伊藤今人さんの飄々さと存在感面白かった。ミニセグウェイ乗りこなしてるの素敵似合う。宮崎雄真さんお父さん感あって素敵でした。秋本雄基くん良い役だったし目を引かれました。

(2017/1/28記載)
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply