FC2ブログ
Welcome to my blog

戦国夢想曲 花連鬼生伝

夢劇
9/15 13:00@キンケロシアター

「こんなときに笑えないのなら武士など辞めておしまいなさい」

脚本:楽静(劇団AKIO)。戦国三部作と銘打たれた二作目。殺陣満載の戦国モノと違ってちゃんとお話で見せてた印象。

日本史は正直疎くて、人物とか合戦名とかはわかりきらなかったのでアレなのですが、それでもフィクション要素を取り入れつつ、史実やそれぞれキャラクターイメージを大きく変えずにきちんとお話を作っているように見えました。茶々のうざさはんぱなかったけど(笑)いやいい意味です。冒頭の「かごめかごめ」も歌詞が違ってあれ?と思わせる導入とラストの伏線回収もきれいだったと思います。 この童謡の関連とか歴史背景とかもきちんと詳細に当日パンフレットに記載があってありがたかったです。勉強になりました。方広寺鐘銘事件とか聞いたことはあっても、結び付かなかったからなるほどでした。てか当日パンフカラーだし製本されてるし良い紙だしお金かかってる…劇場も広いし…なのにチケット代安くない?今の感覚からするとこれ4500円くらいする舞台のイメージだよ…良い劇場で観れてとてもとてもありがたいけど。余計なお世話だけど心配になっちゃった(笑)

キンヴァリー・ロハスさんの梅目線がいちばん親近感持てた感じ。くノ一素敵でした。ぜんさんは相変わらず存在感が違いますね。どっしりしてらっしゃる。加藤大輔さん真田丸!良い役を軽快に演じてらして素敵でした。

(2018/9/28記載)
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply