FC2ブログ
Welcome to my blog

【AURYN】第二回公演・情報公開

「おさなごころのきみ」から今日で丸一年。
そんな本日、情報公開させて頂きます。


【AURYN】第二回公演
「ヘニーデ(仮)」
9/12(木)~16(月・祝)
@スタジオあくとれ

<出演>
海田眞佑(劇団ウミダ)
遠藤ちえ
岡慎一郎
小島望
兒林美沙紀
たかぐち(肉汁サイドストーリー給食係)
高野憲太朗(vi-vo)
野澤文音
ひきのさつき
星澤美緒
村山新

<スタッフ>
照明:伊藤将士
音響:久郷清
制作:塩田友克
舞台監督:井草佑一(COMBO×COMBO)
宣伝美術:尾崎レミ(ソラニエ)
写真撮影:ふくしまけんた

ようやくの二歩目。

またひとつずつ丁寧に、面白いものを作っていきたいと思います。
何卒ご贔屓に、よろしくお願い致します。
◇◆◇
はい。本当にようやく、の二歩めです。

はじめの一歩を踏み出してから、なかなか第二回の時期がつかめずにいました。

一回の記念公演に終わらせるつもりはありませんでしたが、時期が開けば開くほどプレッシャーもおおきくなっていきました。きちんと公演を打てるのか。一回めを面白がってもらえたからって二回めも評判がいいとは限らないわけで。
それでもやはり、AURYNとして作品をお届けしたい気持ちもプレッシャーに比例して時間が経つほどにおおきくなっていったのです。

そんな私のこのなんとも言えない思いを受け入れてくださったのが今回のメンバーです。
また簡単にひとりずつコメントなど。

・海田眞佑
「おさなごころのきみ」出演者唯一の続投。もうその一点だけで心強い。前回公演では精神面作品面ともに彼に頼りまくってました。そのこともあり、今回は一人立ちしなきゃ、とお声掛けを少し遠慮していたところ「俺がいなくて作れるのか」と叱咤されました。そのとき彼自身も本当に向き合って作品作ってくださってたんだなと感じとても嬉しかったのです。そこまで言ってくれるならもう最初っから頼りまくろうと決め、改めて出演をお願いした次第です。前回とは違う魅力を引き出せるよう頑張ります。

・遠藤ちえ
実は共演は肋骨蜜柑同好会「アダムの肋骨」のみ。ですが以降ずっと仲良くしてくださり、ご飯食べにいったりお話聞いてくれたりする、とても信頼する役者さんです。普段からぶれない落ち着きぶりで、場を安定させるというか安心させる方だと思います。役者としてはもう本当に唯一無二のお芝居、雰囲気。コメディからシリアスまでストンとはまり、台詞回しに説得力とどこか上品さがある佇まい。大好きなんだよなあ。今回もそのミステリアスな雰囲気をいかせるよう頑張りたい。

・岡慎一郎
共演はソラニエ「狂乱フリーク」のみですが、なかなかの付き合いになってきました。お互いの舞台を観たり観にきてもらったりで関係は続いていて、いつでも当時に戻れる、みたいな感覚。役者の彼はとてもよい意味で”ほんとうにどこにでもいるひと”で、舞台に立っていることに説得力があるなあと思います。振り回される役が似合うのは、普段から穏やかでその場の雰囲気にすぐ馴染むからかなと思います。脚本を書くひとでもある(はずな)ので、脚本作りからいろいろアドバイスもらえたらいいなあとこっそり思ってたり。

・小島望
共演回数は5?6?回!たくさんの現場でご一緒させてもらっていて、仲良くさせてもらっていてすごく嬉しい。ご飯やカフェでおしゃべりしてたら数時間余裕で過ぎてたこともあり、ずっと私の話を聞いてくれるとてもよいひと。そしてまっすぐにお芝居をして素直に気持ちを伝えられるひと。のぞちゃんの演技は嘘がなくて高潔。それでいて柔らかさがあってよいなと思います。いろんな舞台に引っ張りだこなのも頷ける。どんな役をやってもらおうかなあと今から考えるのが楽しいひとりです。

・兒林美沙紀
まぎーさん。2回、肋骨さんでご一緒しました。笑顔が素敵!人柄も可愛らしくて大好きです。不思議な透明感があるひと。儚さとはちょっと違う、硬質な芯のあるひと。お芝居も、人間離れした役も違和感なく地続きで演じられる方です。お話ししてるとお芝居が大好きなんだなあと思うし、ひととひとの真摯なコミュニケーションを大事にされているんだなと思います。彼女のいるところの空気は華やかでゆるやかに流れている。そんな彼女の魅力を引き出せるよう頑張ります。

・たかぐち
肉サイの公演でお世話になりました。すごく自分というものを持っているしお芝居にもプライドを感じる。自分には自分にできることしかできない、ということを正しく理解しているなと思います。彼は尖ったものを内包しているゴム風船みたいなイメージ。見た目も草食系男子で優しく明るく楽しいけど、触れ方や転がし方を間違えると痛い目にあいそう。勝手なイメージですが、彼にはある種の緊張感と甘えがあって、それが魅力だなと思います。今回の最年少。さてどうしてやろうか。

・高野憲太朗
彼も共演はソラニエ「狂乱フリーク」のみ。でもそんなのが信じられないくらい仲良し。家が近いこともあってよく一緒に飲みに行ったり。AURYN立ち上げの当初から気をかけてくれて、稽古会も常連だし公演も観に来てくれるし、自然体で応援してくれているのがとてもありがたい。彼は自分の仕事ややりたいことに対しての自負がとてもあるので、なんでも前向きに取り組むし貪欲だなと思います。いつでも明るい彼は稽古場のムードメーカーになってくれること間違いない。一緒にやるのが楽しみです。

・野澤文音
ギジレンでお世話になりました。同じBチームで役としては絡まないんだけどモブで一緒に行動したりなんか一番仲良くさせてもらった印象。彼女のさっぱりとした現実的な佇まいは説得力があってかっこいい。あと突っ込みがホント絶妙に上手。真顔で面白いことできるのすごいなー。自分のスタイルを認識しつつ新しいこともどんどん怖がらずにやれるところが素敵。彼女のコメディな部分は見たけど、会話劇な感じはどんな風になるのかとても楽しみにしています。でも面白い役やってもらいたさある…。

・ひきのさつき
実は共演したこと自体はない方。だけど眞佑くん繋がりとかで知り合ってからは急速に仲良くさせていただいている。お互いの舞台も見たし、前回公演ではテンパって役に立たない私の代わりに当日制作としてしっかり対応してくれてもうホントに頭が上がりませんありがとうございました。お芝居に対して真面目も真面目なので、がっつり真正面から組み合って真剣に作り上げて行ってくれる方。お芝居ではまさにカッコイイ女性を体現される。でも現実はとてもチャーミングなひとだからそのギャップが出せたらいいなと思ってます。

・星澤美緒
肋骨の「犬(もしくは)神」で共演したばかりなので実は一番最近のお知り合い。その色っぽい女性らしさほんとに素晴らしいと思う。役のイメージもあってかっこいい孤高のひとのイメージだし知り合ったばかりだし、今回お声掛けするのドチャクソ緊張したんですけど快諾いただけて嘘だろと思いつつめっちゃガッツポーズしました。嬉しすぎるぜ。たくさんの舞台にひっきりなしに出演されてる大人気な女優さん。子猫みたいなかわいさもある方なのでそのよさを全部出せるようにしたいなあ。

・村山新
かむがふで二人芝居をご一緒した以来です。当時は自分が下手くそで一生懸命すぎたので全然気づけなかったけどこのひと化け物級にお上手なんだなとお芝居みるたびに思う。でも当時も確かに自分が下手くそすぎて二人芝居と言いつつ私の稽古だったもんな…(反省すな)優しくおだやかな雰囲気のままお芝居も誠実。そのなかに内包するものを想像させるのがとてもお上手。狂気も高潔もなんでも。コメディも体張って向かっていくし、もうなんでもできるなすごいな。どんな役をやってもらおうか今から吟味です。

照明:伊藤将士
前回公演からの続投!とても嬉しい。前回はギャラリー公演だったのにあんなにも光の演出がきれいにしてもらえてとても嬉しかった。今回劇場で公演を打つにあたり是非またお願いしたいと思いました。前回のイメージを知ってる彼なら諸々任せてもう大丈夫。今回も彼の明かりのもと公演ができるのがとても楽しみです。

音響:久郷清
こちらも前回公演からの続投!とても有り難い。ほんとに前回の公演ではクオリティ高い仕事をしていただき、当たり前なんだけどプロってすげーなと毎ステージで思っていました。音の効果はがお客様に与える影響をしっかり計算してくれて感激でした。今回も音はシックに豪華です。ヤッター!

制作:塩田友克
いくつか現場をご一緒させていただいていて、当日制作のお仕事を手伝わせていただいたりとか諸々お世話になっている方。とても優しいキュートな方ですが、お仕事ぶりはかっこいいし安心感がある。細かく相談もできる相手なので、今回は私がテンパってももう大丈夫です!

舞台監督:井草佑一
現場をご一緒したときに大所帯の座組でもすぐにすんなりと溶け込んで仲良くしてくださいました。ピリピリしがちな仕込み中でもいつも穏やかで安定感があり、安心して舞台に立てたのが印象に残っていました。大きな劇場も小劇場もこなされる方でご自分でも団体を持ってらして、ダンサーさんでもある。ほんと多彩な方。受けていただけてほんとに有り難い。

宣伝美術:尾崎レミ
ご存じソラニエ。個人的にとても仲良くさせてもらってて、AURYNのことも気にかけてくれているので、お手伝いしてくれませんかと言ったところ明るくOKしてくれました。本業は脚本家さんですから、台本執筆中もいろいろ相談させてもらおうと目論んでます(笑)

写真撮影:ふくしまけんた
前回公演で素敵写真しかないゲネ写真とアー写とみまごうキービジュアルを撮ってくれた彼。今回もお願いできてとても嬉しい。いやほんと彼のお写真大好きなんだよ私。ちゃんと写真のなかに空気が流れてる感じがするんだ。写真なのに動いてる、みたいな。今回もカッコイイお写真たくさん撮ってもらえる作品にできるよう頑張ります。


一回目はビギナーズ・ラックかもしれない。真価を問われるのは二回目。
一回目のときと比べ、場所の大きさも人数も多くなりました。
はっきりいえば挑戦です。
ちゃんと成長できるのか。

お客様に面白いと、印象に残ったと思ってもらえるものを作るために。
また気を引き締めて頑張ります。
どうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply