FC2ブログ
Welcome to my blog

家・世代を越えて

狂言の会
5/24 18:30@国立能楽堂

「苦々し」

国立能楽堂の五月公演。とてもとても良かった。

運良く観に行かせていただけた。人間国宝のお歴々が最高峰の芸能を魅せてくださった。いや、なんていうか当たり前なんだけどすごいよくできてるなあと改めて感嘆してしまった。今のお笑いやお話にもちゃんとある普遍的な面白さと人間らしさがこんな見事に表されてるなんて素晴らしい。「末広がり」は初めて観た。扇のことを傘にしちゃう言葉遊びの感じとか本当に面白いしよい脚本だなあ。「二人袴」は二度目とにかく大爆笑でした。なんて可愛らしいひとたちなのか。ラストも頬笑ましい。「蝸牛」も初めて。「でんでんむしむし」って昔からあったんだなあとか当たり前のことを改めて思った。家(流派)の違う面子同士でのいわゆる「セッション」だったとのことで、いつもとは違う演出ややり方が観れたようです。もっと詳しいひとはより楽しかっただろうなあ。

山本東次郎さんの父親の真面目さがかわいらしく面白い。人間って昔から変わらない。すごく贅沢な時間でした。

(2019/6/12記載)
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply