FC2ブログ
Welcome to my blog

カケコミウッタエ

日本のラジオ
5/28 20:00@星のホール

「全然好きじゃないんだ鍋食べるの。全員鍋を囲むのに適している人間じゃない、自分も含めて!苦痛に近い。きみが好きだからやるんだ」

原作:太宰治。ユダと太宰と。じわじわくる。息を詰めて観ていた。

真綿で首を絞められるようなこの感じ、さすがの日ラ感。そして太宰作品をよくここまでオリジナルに落としこんだなと思ってしまう。モチーフとしてはしっかりあって、でもまったく別作品。太宰作品て完成されているからある意味で灰汁が強いというか、さらに味付けするのが難しそうなイメージだけど、灰汁の部分だけ掬い上げて自分の味付けに混ぜたんだなって思った(分からん)。粕井さんはユダであり太宰であり、名瀬さんはイエスであり芥川なんですね。原作にあるキャラクターはちょっとしか名前が出てきてないひともいて、聖書見ても書いてないひともいるけど、こんな感じできっと一筋縄でいかないひとたちだったんだろうなと思う。じゃなかったらユダは警察に駆け込まないんだきっと。ただ、私のなかで名瀬を女性が演じてたのがどうしても違和感だった。いや、最初は女性として見てたから途中合コンのシーンで男性側にいたから混乱してしまったんだけど。中性的なのはいいんですがなんだろう、女性なら女性でよかったのになと思ったというか。きっと異性間の恋愛感情とは違う愛憎を表現するには中性的な方がよかったんだとは思うのだけど。万引きのシーン好き。「やっとるか」っていやいや粕井が声かけるのも尊いし、それに普通に返事するしかない茅場さんも切ない。

安東信助さん相変わらずの落ち着きぶりと怪しさ。沈ゆうこさんの自由度の高さ、空気への馴染み方よいですね。田中渚さんは最近かわいい役の危うさが絶品ですね。岡野康弘さん最高だ。この方のこういう演技大好き。爆笑しました。豊田可奈子さんもめちゃかわいい。笑いました。フジタタイセイさんとにかく長台詞の説得力。もっと聞いていたい。坊薗初菜さんのいるいるーこういうひと、感がとてもチャーミングでした。横手慎太郎さんの猫背かわいい。力の抜け具合が独特で最高ですね。

(2019/6/12記載)
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply